HOME>老後の暮らしを力強く応援>老後の暮らしを力強く応援

気軽に参加して健康を保とう

元気で健康なシニア生活を応援する荒川区では、区内に住む65才以上の人を対象に、色々な介護予防事業が行われています。転倒防止を目的としたオリジナル体操をはじめ、各種講習会や認知症の予防教室など、その活動は実に多彩です。健康づくり講座では、要介護になるのを防ぐフレイル対策の予防講座も用意されています。フレイルは、心や筋肉の活力が下がった病態であり、いわば健康と要介護の間に位置する状態です。しかし適切に対処すれば回復できるため、区は講座を通じて、高齢者の方々にフレイルを防ぐポイントを伝えられています。さらに、排尿関連の悩みがあると外出も敬遠しがちですが、そんな場合にピッタリなのが尿トラブルの予防講習会です。脚力や骨盤底筋などを強化することはその予防に効果的なため、この講習会ではそれらの運動方法を習えるようになっています。このほかにも区の健康推進課では、シニア向けのサービスが数々提供されているのです。そして高齢者福祉課でも、口の元気を保つ講習会や、老化を遅らせる食事といった栄養関連の講習会などが開催されています。また、昼間は1人で留守番をしていたり、1人暮らしなどで話し相手が誰もいない人のため、区内各所に設けられたのが「ふれあい粋・活サロン」です。お茶を飲みながら会話を楽しめるのがこのサロンのステキな魅力であり、問い合わせ先は荒川区社会福祉協議会となっています。

詳細を読む